原題 : 12 YEARS A SLAVE
2013年 アメリカ
監督 : スティーヴ・マックィーン
出演 : キウェテル・イジョフォー / マイケル・ファスベンダー / ベネディクト・カンバーバッチ / ポール・ジアマッティ / ルピタ・ニョンゴ / ブラッド・ピット


本年度アカデミー賞作品賞受賞作品です。
奴隷制度がはびこっていた19世紀前半のアメリカを舞台に、自由の身分であるにもかかわらず拉致され、南部の農園で12年間も奴隷生活を強いられた黒人男性の実話を映画化した衝撃の伝記ドラマ。


おそらく日本人には何となくしかわかっていない、かつてのアメリカの人種差別と奴隷制度。黒人であるがゆえに理不尽な扱いを強要されながらも、誇りと希望を失うことなく強く生き延びた主人公に感動します。


想像を絶する壮絶な奴隷生活を、キウェテル・イジョフォーが渾身の演技で体現。女性の黒人奴隷役のルピタ・ニョンゴも、その体当たりの演技で本年度アカデミー賞助演女優賞に輝きました。


悲惨な奴隷制度に考えさせられるものはありますが、当時のアメリカ社会や文化など様々な要因が、このような辛い過去の歴史を生み出したのだと思うと、何とも言えない気持ちになります。


映画ファンでなくとも、是非観ておきたい一作です。



オフィシャルサイト
http://yo-akeru.gaga.ne.jp/
ぴあ映画生活
http://cinema.pia.co.jp/title/163886/
映画.com
http://eiga.com/movie/79401/
Movie Walker
http://movie.walkerplus.com/mv54831/
Yahoo!映画
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id347686/


~[映画に歴史あり]的ポイント~
スティーヴ・マックィーンと言うと、「荒野の七人」(1960)などで活躍した超有名俳優を思い出しますが、本作の監督スティーヴ・マックィーンは同名の別人です。
前作はセックス依存症に悩む男の悲哀を描いた衝撃の問題作「SHAME -シェイム-」(2011)です。