映画レビューブログ

映画好きの筆者が主に映画館で観た作品をレビューしています。

映画「大脱出」3

原題 : ESCAPE PLAN
2013年アメリカ
監督 : ミカエル・ハフストローム
出演 : シルヴェスター・スタローン / アーノルド・シュワルツェネッガー / ジム・カヴィーゼル / カーティス・"50 Cent"・ジャクソン


シルヴェスター・スタローンとアーノルド・シュワルツェネッガーという、往年の2大アクションスター豪華共演が話題のサスペンス・アクション。
もっとB級な感じかと思いきや、意外とストーリーも練られていて、単なる監獄での暴力→脱獄ではなかったところが好印象です。


スタローンとシュワルツェネッガーの共演となれば、誰もが肉体派アクション炸裂と思いがちですが、もちろんパワーも存分に発揮していますが、演技というか、そういったアクション以外の部分もなかなかよかったと思う作品でした。


メジャー大作ではありませんが、往年のファンにとっては楽しめる一作だと思います。




オフィシャルサイト
http://dassyutsu.gaga.ne.jp/
ぴあ映画生活
http://cinema.pia.co.jp/title/162523/
映画.com
http://eiga.com/movie/58013/
Movie Walker
http://movie.walkerplus.com/mv54292/
Yahoo!映画
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id347241/


~[映画に歴史あり]的ポイント~
スタローンとシュワルツェネッガーは、エクスペンダブルズ (2010) / エクスペンダブルズ2 (2012)で共演を果たしていますので、これが初めてではないですが、本格的に共演したのは初めてです。

ちなみに、監獄の所長役でジム・カヴィーゼルが出演していますが、メル・ギブソン監督作品のパッション (2004)で、イエス・キリスト熱演した人です。

2013年映画レビュー総括

このブログは本年の途中からはじめたため、すべては記事にしていませんが、2013年私が観た映画の総括をしたいと思います。

劇場で鑑賞した本数 : 77本
今年は例年に比べても、映画館でよく映画を観たと思います。

タイトルだけ、下記に並べてみました。
本当は一つ一つ短評を述べたいところですが、長くなるのでやめておきます。


2013年、私が劇場で鑑賞した映画の中で、最もよかった作品は、、、
「アイアンマン3」です!



私が思うにやはり映画はエンターテインメントであり、そういった意味で期待を裏切らず、続編モノであるにも関わらず前作までを上回る仕上がりで、ものすごく楽しめました。


2014年もたくさんの素晴らしい作品に期待しましょう。


96時間/リベンジ (2012年アメリカ)
LOOPER (2012年アメリカ)
テッド (2012年アメリカ)
フリーランサー NY捜査線 (2012年アメリカ)
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 (2012年アメリカ)
アウトロー (2012年アメリカ)
ファイヤー・ウィズ・ファイヤー 炎の誓い (2011年アメリカ)
ゴーストライダー2 (2012年アメリカ)
PARKER/パーカー (2012年アメリカ)
ダイ・ハード/ラスト・デイ (2013年アメリカ)
ゼロ・ダーク・サーティ (2012年アメリカ)
レッド・ライト (2012年アメリカ/スペイン)
ジャッジ・ドレッド (2012年イギリス/南アフリカ)
世界にひとつのプレイブック (2012年アメリカ)
バチェロレッテ -あの子が結婚するなんて! (2012年アメリカ)
フライト (2012年アメリカ)
ジャンゴ 繋がれざる者 (2012年アメリカ) 
クラウド アトラス (2012年アメリカ)
ザ・マスター (2012年アメリカ)
ライジング・ドラゴン (2012年香港)
リンカーン (2012年アメリカ)
ジャッキー・コーガン (2012年アメリカ)
アイアンマン3 (2013年アメリカ)
ラストスタンド (2013年アメリカ)
L.A. ギャング ストーリー (2013年アメリカ)
モネ・ゲーム (2012年アメリカ)
プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命 (2012年アメリカ)
グランド・マスター (2013年香港)
バレット (2012年アメリカ)
オブリビオン (2013年アメリカ)
エンド・オブ・ホワイトハウス (2013年アメリカ)
G.I.ジョー バック2リベンジ (2013年アメリカ)
華麗なるギャツビー (2012年アメリカ)
ハード・ラッシュ (2012年アメリカ)
アフター・アース (2013年アメリカ)
欲望のバージニア (2012年アメリカ)
ワイルド・スピード EURO MISSION (2013年アメリカ)
31年目の夫婦げんか (2012年アメリカ)
ペーパーボーイ 真夏の引力 (2012年アメリカ)
終戦のエンペラー (2012年アメリカ)
ローン・レンジャー (2013年アメリカ)
アイアン・フィスト (2012年アメリカ)
パシフィック・リム (2013年アメリカ)
トゥ・ザ・ワンダー (2012年アメリカ)
ワールド・ウォー Z (2013年アメリカ)
ホワイトハウス・ダウン (2013年アメリカ)
スター・トレック イントゥ・ダークネス (2013年アメリカ)
スマイル、アゲイン (2012年アメリカ)
マン・オブ・スティール (2013年アメリカ)
サイド・エフェクト (2013年アメリカ)
ウルヴァリン : SAMURAI (2013年アメリカ)
許されざる者 (2013年日本)
エリジウム (2013年アメリカ)
パッション (2012年フランス/ドイツ)
ランナウェイ/逃亡者 (2012年アメリカ)
トランス (2013年アメリカ/イギリス)
ゴースト・エージェント/R.I.P.D. (2013年アメリカ)
ブロークンシティ (2012年アメリカ)
ダイアナ (2013年イギリス)
フローズン・グラウンド (2012年アメリカ)
グランド・イリュージョン (2013年アメリカ/フランス)
デッドマン・ダウン (2012年アメリカ) 
42 ~世界を変えた男~ (2013年アメリカ)
セブン・サイコパス (2012年イギリス)
2ガンズ (2013年アメリカ)
スティーブ・ジョブズ (2013年アメリカ)
恋するリベラーチェ (2013年アメリカ)
悪の法則 (2013年アメリカ)
マラヴィータ (2013年アメリカ/フランス)
グリフィン家のウエディングノート (2013年アメリカ)
キャプテン・フィリップス (2013年アメリカ)
ザ・コール [緊急通報指令室] (2013年アメリカ)
オーバードライヴ (2013年アメリカ)
REDリターンズ (2013年アメリカ)
47RONIN (2013年アメリカ)
ゼロ・グラビティ (2013年アメリカ)
ハンガー・ゲーム2 (2013年アメリカ) 

ハンガー・ゲーム23

原題 : THE HUNGER GAMES: CATCHING FIRE
2013年アメリカ
監督 : フランシス・ローレンス
出演 : ジェニファー・ローレンス / リアム・ヘムズワース / ウディ・ハレルソン / フィリップ・シーモア・ホフマン / スタンリー・トゥッチ / ドナルド・サザーランド


近未来サバイバルアクションの第2弾。
前作の後「世界でひとつのプレイブック」でより一層女優としての輝きが増した、ジェニファー・ローレンスの魅力が素晴らしいです。

ただ、作品としては例によって続編の宿命なのか、新鮮さは多少失われたかもしれません。
ストーリー的に新たな展開を予感させますが、そこで終わる?と思ってしまうのは私だけでしょうか。
続編に期待です。



オフィシャルサイト
http://hungergames.jp/
ぴあ映画生活
http://cinema.pia.co.jp/title/161903/
映画.com
http://eiga.com/movie/78219/
Movie Walker
http://movie.walkerplus.com/mv52857/
Yahoo!映画
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id346556/


~[映画に歴史あり]的ポイント~
前作「ハンガー・ゲーム」以来、一躍脚光を浴びるようになったジェニファー・ローレンス。
「世界でひとつのプレイブック」ではアカデミー賞主演女優賞に輝きました。
今後増々の活躍が期待されます。
ハンガー・ゲーム (2012)
世界にひとつのプレイブック (2012)


また本作は、脇を固める共演陣も豪華です。
フィリップ・シーモア・ホフマンは「MISSION: IMPOSSIBLE III」(2006)や「ザ・マスター」(2012)で独特な存在感を示し、スタンリー・トゥッチは前作にも出演していますが、「プラダを着た悪魔」(2006)などでの好演が印象に残ります。

ゼロ・グラビティ5

原題 : GRAVITY
2013年アメリカ
監督 : アルフォンソ・キュアロン
出演 : サンドラ・ブロック / ジョージ・クルーニー / エド・ハリス(声)


素晴らしい作品です。間違いなく映画館で観るべき一本と言えるでしょう。
宇宙でのSFサスペンスですが、リアリティにあふれ、そして広大な宇宙空間が美しいと同時に、人間にとって過酷で想像を絶するほど厳しい環境だということが伝わってきます。


また、宇宙空間という環境もさることながら、人が生き抜いていこうという勇気に心を動かされます。


現実味のある宇宙空間をテーマにした作品は過去にもありましたが、映像美という観点でも本作は、今までにないくらい素晴らしい体験ができます。


宇宙空間での過酷な状況から、次はどうなってしまうのかとドキドキしつつ、映画館ならではの映像体験の後、ラストは安堵とともに人間の強さや勇気を感じ、何とも言えない感動に包まれます。


観終わった後に、「いい映画だったな~」としみじみ思いました。



オフィシャルサイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/gravity/
ぴあ映画生活
http://cinema.pia.co.jp/title/163076/
映画.com
http://eiga.com/movie/57690/
Movie Walker
http://movie.walkerplus.com/mv49767/
Yahoo!映画
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id346608/


~[映画に歴史あり]的ポイント~
事前のプロモーション等で、出演者は2人しかいないという話をサンドラ・ブロックがしていたと思います。
確かにそうなのですが、スタッフロールを見てビックリ。エド・ハリスが声で出演しています。
NASAの管制官の声ですが、やはりアポロ13 (1995)へのオマージュでしょうか。


監督のアルフォンソ・キュアロンは、一般的にはあまり知られていないかもしれませんが、ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 (2004)を手掛けています。
少々前ですがリトル・プリンセス (1995)の監督でもあり、映像美という観点でなるほどと思わせるものがあります。
このリトル・プリンセス、いわゆる「小公女」ですが、映画としてもかなり秀逸です。

47RONIN2

原題 : 47RONIN
2013年アメリカ
監督 : カール・リンシュ
出演 : キアヌ・リーブス / 真田広之 / 浅野忠信 / 菊地凛子 / 柴咲コウ / ケイリー=ヒロユキ・タガワ


なんとも残念な印象です。アクションファンタジーということですが、予告編を見てある程度わかってはいたものの、"忠臣蔵"をベースにしている割には、天狗や魔物(?)、妖術など理解不能な点が多いです。
城の景観などが、なぜか中国っぽいのも気になりました。
ハリウッドの製作陣が、まだまだ日本(の歴史)を勘違いしている部分がありそうです。
もう少し"忠臣蔵"の赤穂浪士たちの仇討ちを、忠実に描いてほしかったと思うのは私だけでしょうか。


出演陣としては、真田広之の存在感が圧倒的とは言わないまでも印象に残りました。
このところ、徐々にハリウッド大作にも起用されるようになってきて、少しずつではありますが、ハリウッドで通用する日本人俳優としての地位を確立しつつあると思います。




オフィシャルサイト
http://47ronin.jp/
ぴあ映画生活
http://cinema.pia.co.jp/title/156344/
映画.com
http://eiga.com/movie/56095/
Movie Walker
http://movie.walkerplus.com/mv47892/
Yahoo!映画
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id346791/


~[映画に歴史あり]的ポイント~
キアヌ・リーブスは最近あまり作品に恵まれていないような気もしますが、「スピード」や「マトリックス」シリーズでの印象はかなり新鮮でした。
どことなく人間であって人間でない的な役柄が似合いますが、意外とラブストーリーやたまに見せる男臭い役もハマっています。
スピード (1994)
 SWAT隊員と爆弾魔の次々と迫りくる攻防を、その名の通りスピード感溢れる展開で話題となった、ジェットコースターアクション。
マトリックス (1999)
 全く新しい世界観の視覚効果とそのストーリーで、映画ならではの貴重な体験ができる斬新な作品。
リプレイスメント (2000)
 フットボール選手の活躍を描いた痛快な作品。名優ジーン・ハックマンと共演。
スウィート・ノベンバー (2001)
 シャーリーズ・セロン主演のラブストーリー。
マトリックス リローデッド (2003)
マトリックス レボリューションズ (2003)
イルマーレ (2006)
 サンドラ・ブロックとの共演で、同名の韓国映画をリメイクしたファンタジー・ラブストーリー。

カテゴリー
ブログランキング
  • ライブドアブログ