映画レビューブログ

映画好きの筆者が主に映画館で観た作品をレビューしています。

2014年映画レビュー総括

しばらく映画レビュー記事を書いていませんでしたが、2014年に映画館で観た作品を書き留めておきたいと思います。
本数にして70本、前年よりは少し減りましたが、自分としてはよく観に行ったほうだと思います。

2014年、私が劇場で鑑賞した映画の中で、最もよかった作品は、、、
「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」と「インターステラー」です!
2つは反則ですが、ジャンルも違いますし、どちらも甲乙つけがたいエンターテインメント作品でした。


「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」は、例によってMARVEL作品ですが、この完成度の高さ、爽快感、エンターテインメント性の秀逸さは素晴らしいと言わざるを得ません。


「インターステラー」は、SF映画として、今までに見たことのないような映像と、クリストファー・ノーラン監督らしいオリジナリティ溢れたストーリー展開に圧倒されました。

2015年も色々な大作が予定されていますが、楽しみに期待したいと思います。

大脱出 (2013年 アメリカ)
キリングゲーム (2013年 アメリカ)
エンダーのゲーム (2013年 アメリカ)
オンリー・ゴッド (2013年 デンマーク/フランス)
ウルフ・オブ・ウォールストリート (2013年 アメリカ)
アメリカン・ハッスル (2013年 アメリカ)
マイティ・ソー/ダーク・ワールド (2013年 アメリカ)
ラッシュ/プライドと友情 (2013年 アメリカ)
スノーピアサー (2013年 韓国/アメリカ/フランス)
エージェント:ライアン (2014年 アメリカ)
キック・アス/ジャスティス・フォーエバー (2013年 イギリス)
大統領の執事の涙 (2013年 アメリカ)
マチェーテ・キルズ (2013年 アメリカ)
ダラス・バイヤーズクラブ (2013年 アメリカ)
それでも夜は明ける (2013年 アメリカ)
オール・イズ・ロスト ~最後の手紙~ (2013年 アメリカ)
リディック:ギャラクシー・バトル (2014年 アメリカ)
ロボコップ (2014年 アメリカ)
LIFE! (2013年 アメリカ)
ローン・サバイバー (2013年 アメリカ)
アナと雪の女王 (2013年 アメリカ)
ウォルト・ディズニーの約束 (2013年 アメリカ)
リベンジ・マッチ (2013年 アメリカ)
キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー (2014年 アメリカ)
アメイジング・スパイダーマン2 (2014年 アメリカ)
8月の家族たち (2013年 アメリカ)
プリズナーズ (2013年 アメリカ)
ブルージャスミン (2014年 アメリカ)
ラスト・ベガス (2013年 アメリカ)
X-MEN : フューチャー&パスト (2014年 アメリカ)
ポリス・ストーリー/レジェンド (2013年 中国)
ニード・フォー・スピード (2014年 アメリカ)
ハミングバード (2013年 イギリス)
トカレフ (2014年 アメリカ/フランス)
ノア 約束の舟 (2014年 アメリカ)
300 <スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~ (2014年 アメリカ)
ラストミッション (2014年 アメリカ)
トランセンデンス (2014年 アメリカ)
オールド・ボーイ (2013年 アメリカ)
オール・ユー・ニード・イズ・キル (2014年 アメリカ)
マレフィセント (2014年 アメリカ)
ダイバージェント (2014年 アメリカ)
GODZILLA ゴジラ (2014年 アメリカ)
トランスフォーマー/ロストエイジ (2014年 アメリカ)
バトルフロント (2013年 アメリカ)
新劇場版 頭文字D Legend 1 覚醒 (2014年 日本)
LUCY/ルーシー (2014年 フランス)
フライト・ゲーム (2014年 アメリカ/フランス)
アイ・フランケンシュタイン (2014年 アメリカ)
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー (2014年 アメリカ)
ゲッタウェイ スーパースネーク (2013年 アメリカ)
猿の惑星:新世紀 (ライジング) (2014年 アメリカ)
ケープタウン (2014年 フランス/南アフリカ)
ジャージー・ボーイズ (2014年 アメリカ)
ファーナス/訣別の朝 (2013年 アメリカ)
ミリオンダラー・アーム (2014年 アメリカ)
荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~ (2014年 アメリカ)
誰よりも狙われた男 (2013年 アメリカ/イギリス/ドイツ)
グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札 (2014年 フランス/アメリカ/ベルギー/イタリア)
ヘラクレス (2014年 アメリカ)
イコライザー (2014年 アメリカ)
ドラキュラZERO (2014年 アメリカ)
エクスペンダブルズ3 ワールドミッション (2014年 アメリカ)
ザ・ゲスト (2013年 アメリカ)
サボタージュ (2014年 アメリカ)
パワー・ゲーム (2013年 アメリカ)
ランナーランナー (2013年 アメリカ)
インターステラー (2014年 アメリカ)
フューリー (2014年 イギリス)
ゴーン・ガール (2014年 アメリカ)

映画「ローン・サバイバー」3

原題 : LONE SURVIVOR
2013年 アメリカ
監督 : ピーター・バーグ
出演 : マーク・ウォールバーグ / テイラー・キッチュ / エリック・バナ


米海軍特殊部隊ネイビーシールズ最大の惨事と言われた「レッド・ウィング作戦」。唯一の生存者となった隊員の回顧録を元に、その壮絶な戦闘と生き残りを賭けた戦いを描く。


実話ゆえに、戦場の極限状態がリアルに表現され、どんなに絶望的状況におかれても、最後の最後まで決して諦めないその強さに心を打たれます。

戦争をテーマにした作品ではありますが、政治的背景の難しさや、生き残ることへの強い精神力など、この作品を観て考えさせられることは多々あります。


それにしても、たった4人で200人を超えるアフガニスタンのタリバン兵を相手に戦うネイビーシールズは、驚愕と言わざるを得ません。




オフィシャルサイト
http://lonesurvivor.jp/
ぴあ映画生活
http://cinema.pia.co.jp/title/163919/
映画.com
http://eiga.com/movie/79516/
Movie Walker
http://movie.walkerplus.com/mv54541/
Yahoo!映画
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id347542/


~[映画に歴史あり]的ポイント~
監督のピーター・バーグは、「キングダム/見えざる敵」(2007)、「ハンコック」(2008)、「バトルシップ」(2012)と、なかなか見応えのある作品を手掛けています。
今後の監督作品にも期待です。

映画「LIFE!」4

原題 : THE SECRET LIFE OF WALTER MITTY
2013年 アメリカ
監督 : ベン・スティラー
出演 : ベン・スティラー / シャーリー・マクレーン / ショーン・ペン


主演のベン・スティラー自ら監督も務めた感動作。
平凡な毎日を送る主人公が、ひょんなことから冒険写真家を追いかけて大自然を旅するうちに、平凡な日常を抜け出して貴重な経験をしていることに気付く。


人生の目的は何か、などという大そうなテーマを押し付けているのではなく、ほんのちょっとしたきっかけで一歩を踏み出し(それも最初は半ば致し方なく)、その少しの勇気でその後の人生観が変わるかもしれないような経験をすることもある、という誰にでもあてはまる物語が共感を呼びます。


特に、シリアスではなくて、小気味よいコミカルなタッチが主人公をより身近な存在にし、それゆえ、壮大な冒険の果ての主人公の決断が、感動させられるポイントでしょう。


普通の人にこそ勇気を与えられる、オススメの一作です。




オフィシャルサイト
http://www.foxmovies.jp/life/
ぴあ映画生活
http://cinema.pia.co.jp/title/163468/
映画.com
http://eiga.com/movie/79144/
Movie Walker
http://movie.walkerplus.com/mv54250/
Yahoo!映画
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id347535/


~[映画に歴史あり]的ポイント~
ベン・スティラーといえば、やはりコメディが似合います。
代表作とも言える、「ミート・ザ・ペアレンツ」と「ナイト ミュージアム」シリーズは是非観ておきたいところです。
■「ミート・ザ・ペアレンツ」(2000)
■「ミート・ザ・ペアレンツ2」(2004)
■「ミート・ザ・ペアレンツ3」(2010) <日本未公開>
■「ナイト ミュージアム」(2006)
■「ナイト ミュージアム2」(2009)

映画「ロボコップ」3

原題 : ROBOCOP
2014年 アメリカ
監督 : ジョゼ・パヂーリャ
出演 : ジョエル・キナマン / ゲイリー・オールドマン / マイケル・キートン / アビー・コーニッシュ / サミュエル・L・ジャクソン


ポール・ヴァーホーヴェン監督による1987年の大ヒットSFアクション「ロボコップ」をリメイク。
近未来を舞台に、任務中に瀕死の重傷を負った警察官がサイボーグ化されて蘇り、巨悪に立ち向かう活躍を描く。


オリジナル作品の当時、斬新な発想で記憶に残る作品でした。
現代風にアレンジされ、新生ロボコップはブラックデザインのクールな印象。
巨大企業オムニコープ社の陰謀といったストーリーの核はそのままに、ゲイリー・オールドマン、マイケル・キートン、サミュエル・L・ジャクソンといった実力派のベテラン勢が脇を固め、興味深い作品となっています。




オフィシャルサイト
http://www.robocop-movie.jp/
ぴあ映画生活
http://cinema.pia.co.jp/title/159929/
映画.com
http://eiga.com/movie/58260/
Movie Walker
http://movie.walkerplus.com/mv50859/
Yahoo!映画
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id346944/


~[映画に歴史あり]的ポイント~
何と言ってもオリジナルの「ロボコップ」シリーズを観ておくべきでしょう。
■「ロボコップ」(1987)
 監督 : ポール・ヴァーホーヴェン、主演 : ピーター・ウェラー
■「ロボコップ2」(1990)
 監督 : アーヴィン・カーシュナー、主演 : ピーター・ウェラー
■「ロボコップ3」(1992)
 監督 : フレッド・デッカー、主演 : ロバート・バーク

映画「リディック:ギャラクシー・バトル」2

原題 : RIDDICK
2014年 アメリカ
監督 : デヴィッド・トゥーヒー
出演 : ヴィン・ディーゼル / カール・アーバン


ヴィン・ディーゼル主演のSFアクションシリーズ第3弾。
圧倒的な能力を持つダークヒーローが、賞金稼ぎや未知の生命体と生き残りを賭けて戦う様を描く。


頭脳明晰かつ、超人的な身体能力を併せ持つ極悪人、という設定ですが、今回はそこまで悪のイメージはないようにも思えます。
ヴィン・ディーゼルらしいキャラクターと言えますが、少々スケール感に欠けるところが難点。


夜行性という主人公の特性を、存分に生かしてもらいたかったと思いますが、次回作(があれば)を楽しみにしたい作品です。



オフィシャルサイト
http://www.riddick-movie.jp/
ぴあ映画生活
http://cinema.pia.co.jp/title/163818/
映画.com
http://eiga.com/movie/79161/
Movie Walker
http://movie.walkerplus.com/mv54253/
Yahoo!映画
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id347337/


~[映画に歴史あり]的ポイント~
シリーズ第3弾といっても、最初に登場したのは「ピッチブラック」(2000)での印象的なキャラクターとしてでした。
前2作は復習しておいてから本作を観るのがよいでしょう。

■「ピッチブラック」(2000)
■「リディック」(2004)

カテゴリー
ブログランキング
  • ライブドアブログ